ごまだしうどんの競馬日記

都落ちしてからはや12年。地元大分でのんびり余生を過ごしながら限られた小遣いを馬券へ投資する40歳サラリーマン。WINS横浜と東京競馬場とサンデーサイレンスで覚えた競馬をガッツリ続けています。主に未勝利、メイン、最終で遊んでます。

4/30 天皇賞・春

こんにちは、競馬大好きごまだしうどんです。
いやぁ~青葉賞、岩田くんベストアプローチ(2着)伸びましたね。アドマイヤウイナーが来たから後はポポカテペトルとともにかわして・・・と思ったら。残念。

さていよいよ天皇賞・春ですね。2強2強言われていますが、まぁほんと2強でしょうね。何となく思い出すのが1996年天皇賞・春。前走の阪神大賞典でのマヤノトップガンナリタブライアンの歴史に残る直線のデットヒート。当然、本番でも2頭に人気が集まる。しかしその2頭を尻目に。直線で突き抜けたのが前走骨折で1年の休養明け中山記念勝ちのサクラローレルナリタブライアンは2着を確保したものの直線で先頭に立ったマヤノトップガンは伸びずに5着(翌年雪辱を果たすのだが)。というわけで2強並び立たずの結果でした。
今年もそうなるのか!?
1番人気が負け続けている春天。2強は崩れている春天

というわけでここは1頭軸3連単マルチで行きます。

キタサンブラック1着軸

3連単マルチでサトノダイアモンド、シャケトラ(サクラローレルのイメージ)、シュヴァルグランの18通り。

一応フォーメーションで

1着キタサンブラック・サトノダイアモンド

2着キタサンブラック・サトノダイアモンド

3着レインボーラインアドマイヤデウスアルバート

の6点も抑えます。

今回はトントンでもOKとします。ほぼ観戦のレースなんで、大きく勝負はしません(たぶん)。

ではあと1時間。ワクワクしながら過ごしましょう。